ゔぇんだす

エロゲ、ギャルゲー、ノベルゲームの感想を綴ったブログ🐰

『金色ラブリッチェ -Golden Time-』雑感

『金色ラブリッチェ -Golden Time-』クリアしました。「ファンディスク」として満足できる作品だったと思います。


一番好きなルートはミナルートです。ミナがとても可愛かった。「恋をする」ということについてゆっくり紐解いていく過程で、普段しっかり者のミナが嫉妬したり甘えたりと、色々なミナが可愛く描かれていました。


理亜ルートは賛否両論あるかと思いますが、僕はそこまで悪くなかったと思います。

早い段階で理亜のかつらをマリアのものに変更することで、「本編の理亜ルートとは別のifルートである」ということを強調していました。その点で、僕は本編の理亜ルートとは切り離してプレイすることができました。

一方で、最後のエクストラの演出で、本編の理亜ルートと理亜ifルートの結末を比較するかのような演出から「笑顔で終わるifルートこそが良い」というように受け取る人もいるのだと思います。

しかし、僕は「泣ける」本編とは対照的に「楽しい」FDであるということを示したに止まるのだと思いました。本編の別離エンドがあったからこそ、FDの生存エンドがifとしてエンターテイメイト性を帯びるのです。理亜と央路と二人の子の幸せな姿を見ることができるという点にこそ、このifルートの価値がありました。ifルートが見たかったわけでは決してありませんが、これはこれでありなのかなと。


もっとも、僕が評価しているのはもう一度金色ラブリッチェの世界に触れられたことに尽きるのかな、と思います。央路とシルヴィと理亜の楽しそうなやり取りが見ることができてよかったです。


パロディネタが合わなかったりアフタールートが短かったり不満は多少ありますが、それを踏まえても十分楽しむことができました。特に最後のEDに「Golden Mission」を持ってくるところがすごい好き。まさに「ファンディスク」らしく、楽しく終えることができました。




さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation- 応援中!!